台風18号 米軍 最新 2017

台風18号 米軍 最新 2017

非常に強い台風18号は、15日6時には久米島の北西約270kmにあって、北北東へゆっくり進んでいます。

中心気圧は935hPa、中心付近の最大風速は50m/sです。

この台風は、15日18時には東シナ海に達する見込みです。

16日6時には東シナ海に達するでしょう。

17日3時には枕崎市の西南西約120kmに進み、18日3時には日本海に達する見込みです。

台風周辺海域および進路にあたる海域は、猛烈なしけとなるため厳重な警戒が必要です。

台風18号 米軍 最新 2017

そして、九州の南に停滞する秋雨前線に、台風周辺からの暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化します。
 
台風が近づく前の、きょうから九州南部は大雨となり、さらに台風の動きが遅く、同じような所で雨が長く続きそうです。


スポンサーリンク

台風18号 米軍 最新 2017①

台風18号は、16日からの3連休、日本列島を縦断するおそれがある。

台風が近づく前から局地的な大雨に警戒が必要。

非常に強い勢力の台風18号は、午前9時現在、東シナ海を北上していて、17日の午前中にも、勢力を維持したまま九州にかなり接近し、上陸するおそれがある。

九州南部では、すでに雨雲が発達していて、宮崎・日南市の油津(あぶらつ)では、午前9時までの1時間に42mmの激しい雨が観測された。

3連休中は、各地で大雨や暴風に警戒が必要。

16日にかけては西日本で、17日には西日本や東日本の広い範囲で、荒れた天気になるおそれがある。

北日本で雨や風が強まるのは、18日になる見込み。

台風18号 米軍 最新 2017②

ここでは2017年台風18号・米軍の進路予想をお送り致します。

マリアナで発生した台風 は台湾を目指し、日本では沖縄(特に石垣島)に影響が出そうです。

台風18号発生中は 追記、被害、進路変更等の情報がありましたら、随時最新情報をお届けします。

今回の台風18号で特に注目すべき点は東シナ海の海面水温が高いことです。

この影響で、九州の西では暖かい海が台風にエネルギーを送り込む上、西日本方面では前線を刺激する暖かく湿った空気がさらにパワーアップする恐れがあります。

また、今回のコースは台風の東側の南東斜面でも雨量が多くなるパターンです。



スポンサーリンク

台風18号 米軍 最新 2017③

非常に強い台風18号は東シナ海をゆっくりと北上しており、17日(日)には九州に上陸するおそれがあります。

この台風や前線の影響で、きょうは九州南部や奄美で局地的に非常に激しい雨が降り、暴風や高波に警戒が必要です。

四国でも雨が降り出してきますが、そのほかは晴れる所が多いでしょう。

台風18号 米軍 最新 2017④

台風18号は、次第に向きを東よりに変え、やや加速して九州に接近、または上陸する可能性があります。

現在、台風の中心気圧は935ヘクトパスカルで、このまま九州に上陸するとなると、24年ぶりに非常に強い勢力で上陸することになります。

24年前の平成5年(1993年)の台風13号が鹿児島県の薩摩半島南部に上陸した時の最低気圧は930ヘクトパスカルなので、これに次ぐことになります。

秋雨前線がある時に台風が接近すると、台風周辺の暖かく湿った気流で前線が刺激され、台風接近前から大雨になります。

秋雨前線と台風のダブルパンチを受けるエリアでは特に雨量が多くなり、災害レベルの大雨となるリスクが非常に高くなります。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA